« 京都2歳S ジャパンカップ 京阪杯 | トップページ | 中日新聞杯 カペラS 阪神JF »

ステイヤーズS チャレンジC チャンピオンズC

先週のジャパンカップは絵に描いたようなワンツースリー。予想通りのルメール馬が楽勝できる内容の流れ。あれはもうTHE競馬SHOWという見世物だ。独り言なので気にしないでもらいたいが、ルメール中心の興行が今の競馬。分かりやすく例えるなら昭和のプロレスの初代タイガーマスクみたいなもんだろう。分かる人にはわかるよ。今週もあえて楽しみながら馬券を買うスタンスで行く。3重賞、土曜スポーツニッポン賞ステイヤーズステークスの本命はボスジラ、今年の重賞ではそれなりに評価し買ってきた馬。愚図愚図する部分もありもどかしいところもあったが前走OPを評価通りの人気で横山武が乗って見事な勝利。手が合うんだろうしここはもう一度推しておく。以下、買い目の3頭。まずはヒュミドール、芝転向後の近走が非常に良く速い上がりを見せていた。距離未知数に加え新鋭小手川厩舎も未知数、面白味があるね。次にメイショウテンゲン、春から言っていた通り生粋のステイヤーとして評価している。この距離は勝負どころ。最後にタイセイトレイル、それなりに走って馬券になるもなかなか人気にならないところはその都度乗ってる騎手の地味さからか。今回は自厩舎の坂井の手綱。割り切って乗れるだけに不気味さがある。人気を落としたらオイシイ。以上、4頭の馬連BOX買い。

チャレンジカップの本命はジェネラーレウーノ、なんていうんですかね、相当強さを秘めていると思うんだけど逃げ先行の単調さで敗戦が続いた。同枠の好調3歳牝馬をマークして押し切る競馬で期待したい。対抗にブラヴァス、実績的には1番。外枠でどうかということで番手評価。3番手評価はヒンドゥタイムズ、完全に中距離2000mに特化した専用機。ここまでデビュー以来全11戦がすべて2000mですべて掲示板。勢いある厩舎とテン乗り武豊で押さえたい。以上、3頭の馬連BOX買いで。

チャンピオンズカップ、これはもう普通に考えれば川田とルメールの1点となるGⅠ。それじゃ面白くないということで探った馬券が以下となる。そこで本命はアナザートゥルース、計ったようにデムーロが乗ってきた。この乗り替わりは警戒と見るね。距離はドンピシャで合っていそう。以下、買い目の3頭。まずはサンライズノヴァ、買うとこないし買わないとくるという、当たり馬券を避けて通る馬の印象が強い。ペースが流れたとはいえ前走の差し切りは見事。同厩舎の人気の無い方を押さえる手法。次にタイムフライヤー、重賞では人気になるし勝ってもいる。内枠が気になるが、まぁ普通に考えて押さえる馬券。最後にカフェファラオ、結局はルメール。考え無しで買う目。以上、4頭の馬連BOX買いで勝負。

|

« 京都2歳S ジャパンカップ 京阪杯 | トップページ | 中日新聞杯 カペラS 阪神JF »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 京都2歳S ジャパンカップ 京阪杯 | トップページ | 中日新聞杯 カペラS 阪神JF »