« シンザン記念 フェアリーS | トップページ | AJCC 東海S »

愛知杯 日経新春杯 京成杯

今秋は3重賞。愛知杯から。本命はウラヌスチャーム、前走GⅠでは距離適性と仕掛けどころを期待しヤネ斉藤も含めて評価したがスタートミスで後方へ。今回岩田を乗せるのもそういうところの修正だろう。負担重量減のここは前に付けて押し切る競馬で一変ある。改めて期待馬券。以下、買い目の3頭。まずはサトノダムゼル、あまり外枠じゃなけりゃ買いたいと思っていたが10番と微妙。結果、鞍上に川田の確保と斤量53kgを加味して押さえる。次にシゲルピンクダイヤ、前走重賞でで本命視した馬。クビ差届かなかったが乗り方はあれでいい。末脚を活かすだけなので枠順はどうあれ前走同様のコースで同じように乗れるかがカギ。最後にセンテリュオ、誰が乗っても走りにそんなに大きな違いを見せない馬。とりあえずルメールということで悪くない。負ける時の位置取りがいつも後ろすぎるってことで、ヤネ変わりで道中のポジションが違えばすんなり勝つ可能性もありそう。以上、4頭の馬連BOX買い。

日経新春杯の本命はダイワキャグニー、前走GⅠで期待した馬。左回り適性と脚質が気に入った。前走で負けた相手は強すぎただけ。このメンバーなら58kgを背負わない限り分があるとみるね。そのあたりはハンデキャッパーもしっかり分かってる様子で57.5kg。中京2200mという変則開催が味方するだろう。最内枠も運に恵まれた。以下、買い目の3頭。まずはサンレイポケット、本命馬同様となるが中京コースで見直せる馬。荻野極はこの馬に育てられてると言っても過言ではない。今回はきっちり勝負できる。次にアドマイヤビルゴ、噂の6億円馬。武豊とともに話題性に尽きないが正直あまり推したくない雰囲気。但し、手元のデータ的には消去法で絶対消えないわけよ。仕方ないので今回は押さえて、ここでダメだったら以後は無縁か。ここが分岐点となる買い目。最後にクラーシュゲリエ、古馬初戦の取り消しでケチが付いてしまった感があるが、3歳クラシックまでは見れなくもない戦績。今回ついたハンデがそれなりの実力を兼ね備えていることを証明している。福永への乗り替わりで変わり身期待。以上、4頭の馬連BOX買いで。

京成杯の本命はアクセル、武幸厩舎に横山典の組み合わせということで新馬戦から注目していたがあっさりクリアしてきた。前でどれだけペースを抑えられるかだけで、横山典の手腕がすべてといえる。ならば買うほうをチョイス。対抗にタイムトゥヘヴン、前走をフルゲート18頭を経験し勝利したことを評価。やや早い流れでも前で押し切った競馬を見せており内枠を引いたここは買いだ。血統的にも騎手的にも妙味ある一頭。3番手評価にブラックロータス、新馬をダート勝ちしてのここ。マル外の血統が実にいい。日本の芝でどれだけ走るかは未知数としてあえて馬券に絡める。少頭数なので以上、3頭の馬連BOX買いで勝負。

|

« シンザン記念 フェアリーS | トップページ | AJCC 東海S »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« シンザン記念 フェアリーS | トップページ | AJCC 東海S »