« 愛知杯 日経新春杯 京成杯 | トップページ | シルクロードS 根岸S »

AJCC 東海S

今週の2重賞。無観客が続きやり難い部分もあるが粛々とやる。東海テレビ杯東海ステークスの本命はダノンスプレンダー、この距離に特化したダート馬との見解。前走1番人気を背負って勝っている馬だけに信頼度は高い。初重賞では買い目にしたが着が拾えなかったという有様、あれは位置取りが後ろすぎで敗因はハッキリしていた。今回テン乗り岩田康の手綱でどれだけ前で我慢できるかだろう。再度評価の重賞。以下、買い目の3頭。まずはデュードヴァン、滅多に関西にこないがいわゆる左回り専用機。後方待機策オンリーだが中京直線が味方すれば面白い。唯一4歳馬で期待する。次にタイキフェルヴール、出遅れてからの上がり最速で1発を決めた前走の内田が天晴れとしか言いようがない。あれで大外を回して勝つんだから相当なポテンシャルと見ていいだろう。なんたってモレイラを背にUAダービーを走った馬ですからね、軽視は禁物。最後にハヤヤッコ、休み明けで1番充実している。前走の上がり36.6は優秀。田辺でデカイ穴を開けた一昨年夏の重賞の馬券を取り損ねた悔しさは忘れてない。国枝厩舎の金子勝負服だし、今話題の白毛馬だし、押さえておく。以上、4頭の馬連BOX買い。

アメリカジョッキークラブカップだが面倒な考察もせず単純に4歳馬4頭でいい馬券。しかしあまりにも短絡的なので持てる知識を総動員し変化を加える。そこで本命はジェネラーレウーノ、かつて強さを認めていたものの左回りでバッサリ消していたわけで、長期離脱も含めて見限っていたが今回はいきなり武藤への乗り替わり。これはもうハイペースで逃げ切る作戦と見ていいし、分かりやすく言えばジョディーのような乗り方だろう。中山でハマれば逃げ切り濃厚。以下、買い目の3頭。まずはウインマリリン、紅一点が斤量53で乗れる。先週の教訓も活かし軽負担重量は注意しておく。なにより前走GⅠで好走しているだけに普通に買い目。次にヴェルトライゼンデ、クラシックではその実力を認め買い続けてきた。菊花賞では距離に泣いた感もあり、それらを含めてこの馬についてはある程度見極めていると実感している。中山でこの距離なら勝負できる。最後にサトノフラッグ、やっぱりどうしても1枠1番で勝った弥生賞がシンクロし今回この枠に入った時点で買い目確定。まぁ戸崎が近走で非常に上手く乗っている。結局は4歳馬重視となる結論。もう一頭ルメールの馬も上位評価だが5頭もチョイスするのは自分の予想の芯がブレるのでここでは切っておく。以上、4頭の馬連BOX買いで勝負。

|

« 愛知杯 日経新春杯 京成杯 | トップページ | シルクロードS 根岸S »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 愛知杯 日経新春杯 京成杯 | トップページ | シルクロードS 根岸S »