富士S 菊花賞

明日の金曜には所用で終日時間が塞がっている。よって木曜の夜に予想することに。まずは土曜の富士ステークスから。枠順確定前ということでその部分は伏せたままでの予想である。本命はペルシアンナイト、古馬になって評価が落ちてきていた馬だがGⅢでもGⅡでもGⅠでも善戦レベルの常連。ところが前走でいきなり目を見張る末脚と粘り腰を披露。これはもうヤネ大野の手が合ったとしか言いようがない。その大野も先週はGⅠで完璧な騎乗をしている。波に乗っているのは間違いない。対抗にはスマイルカナ、3歳牝馬で推したいのはこちら。この距離でGⅢなら適所といえる案配か。武器は逃げての二の足、斤量52kgなら止まらない公算は高い。3番手評価にワーケア、こちらは3歳牡馬でチョイス。これはねぇ2000mの壁というか距離短縮でオーライという結論。後から行くと思うがこの斤量でこの距離このコースならドンピシャで届く仕掛けができるだろう。少頭数なので以上、3頭の馬連BOX買いで。

注目の菊花賞。先週の牝馬3冠劇を見てしまうとなぁ、なにやら仕手が入ったような気配がなかったわけでもないが、「勝負」という印象は他馬からはまったく感じられなかったのが正直な感想。で、だ。今週も先週と同じような匂いがするわけだが、まぁそれはこの際一旦置いといて、素直に「競馬予想」をする。するとは言っても御託を愚図愚図並べる気はない。ここはコントレイルヴェルトライゼンデの2頭、これ以外は絶対にないだろう。今年の3歳牡馬では常に買い目に挙げてきたこの2頭の馬連1点。

| | コメント (0)

府中牝馬S 東京HJ 秋華賞

重賞坊主が続いている。時間が無いので買い目だけ。土曜、府中牝馬ステークスの本命はサラキア、対抗にトロワゼトワル、3番手にラヴズオンリーユー。以上、3頭の馬連BOX。

東京ハイジャンプの本命はコウユーヌレエフ、対抗にメイショウダッサイ、3番手にマイブルーヘブン。以上、3頭の馬連BOX買いで。

秋華賞の本命はウインマイティー、相手3頭にムジカ、サンクテュエール、デアリングタクト。以上、4頭の馬連BOX買いで勝負。

| | コメント (0)

サウジアラビアRC 京都大賞典 毎日王冠

秋競馬らしい番組となってきた。先週は色々と悔しい思いもしたが気を取り直して今週に臨む。土曜サウジアラビアロイヤルカップから。本命はピンクカメハメハ、前走重賞では勝ち馬がレコードを叩き出してしまうほどのハイペースで逃げバテしたのは明白。距離短縮となり同じく最内枠で臨むここは再考して本命視。対抗にキングストンボーイ、毎度藤沢厩舎&ルメールで滅入るような予想だが、今回も仕方なし。この母から出た牡馬なら期待できそう。3番手評価にインフィナイト、唯一の牝馬で推す。新馬戦では不良馬場での上がり最速を出せる末脚を見せた。それに加え、いつものパターンでサンデーRの勝負服が一頭の時は押さえる目。少頭数なので以上、3頭の馬連BOX買い。

京都大賞典の本命はグローリーヴェイズ、昨年は1番人気で取りこぼしたレース。底力はこのメンバーなら別格だろう。特筆事項は無いがせめて馬体重を440kg台になるくらい絞れてればOKとしたい。以下、買い目の3頭。まずはカセドラルベル、条件戦をトントン拍子で上がった流れを買う。あとは2400mの距離延長が牝馬でどうかということと初京都という部分。どちらも未知数すぎて思わず買いたくなった。次にキングオブコージ、前走はハンデに恵まれた重賞勝ちとはいえ57kgを背負うここは尻込みする。しかし横山典に乗り替わってから4戦4連勝という事実は見逃せない。横典の思わぬ一発は案外ピンク帽子の時が多いんじゃないか。最後にステイフーリッシュ、久々に藤岡佑が乗る。とにかくズブい感じの馬である。オールカマーをひと叩きしたのは好材料といえる。まくり気味の早め追い出しが出来れば逆転の可能性はあると思う。

毎日王冠、ハナから決めているのは3歳馬2頭は買わんということ。昨年は3歳馬が勝ったが、そうそう楽な重賞ではないはず。そこで本命はダイワキャグニー、今さら去勢というよく分からん過程となったが、とにかく前走重賞も勝っている。この馬券の取りこぼしは痛かったが改めてこの馬は東京で買いの部類と確信。逃げても番手でも強い競馬になること必至。対抗にはザダル、重賞はともかく近走のOPでは上がり最速を連発。頭数は少ないし直線勝負なら見所は必ずあると思う。ペースを上げるような引っ張る馬が出たら、この馬の脚質がかなりハマる可能性は高い。3番手評価にコントラチェック、先にも書いたが唯一の牝馬で推す。冒頭で3歳馬を完全に切った中で、2つの重賞を勝っている4歳牝馬に食指が動いた。先行して強しの馬が1枠に入った時点で押さえ目。少頭数なのできっちり買い目を絞る。以上、3頭の馬連BOX買いで勝負。

| | コメント (0)

シリウスS スプリンターズS 凱旋門賞

今週は凱旋門賞か。3重賞を予想しておく。まずは土曜シリウスステークスから。本命はアルドーレ、昆厩舎が勝負所で起用する横山典が不気味。そういう馬が黒帽2枠となるとますます怖くなる。言ってしまえばヤネの乗り方次第ということになるが内枠にいるので一旦後方に下げる方がハマりそうだし横山ならそれがやれると見る。中京でも勝ち鞍あるしねぇ。以下、買い目の3頭。まずはダノンスプレンダー、安田隆厩舎のダノンで川田が勝てそうなのは土曜のこちらを有力視する。戦績を見る限り手堅いとしか言いようがない。条件戦2連勝からの初重賞、前走から斤量-2kg減のここは狙える。次にメイショウワザシ、前述2頭を勝たせてきた浜中がそれらに乗れず巡り合ったのがこの馬。完全なテン乗りだが鞍上の気迫が違う。もう少し外枠だったら本命視していたところだが思い切って前に行ってしまえば勝ち負け可能か。最後にエムオーグリッタ、今年は団野にずいぶんお世話になった。それなりに勝っているだけにそろそろ重賞で一発あっていい頃だし、馬も珍しく関西でのレース。唯一中京で走ったレースも見どころがあり今回は食指が動く。面白いのはこの馬だね。以上、4頭の馬連BOX買い。

スプリンターズステークスの本命はエイティーンガール、前走の馬券を外した時からここは本命と決めていた。付け加えてヤネが池添に替わる。つまり自身が乗って安田記念を勝ち高松宮記念で2着したあの馬の脚を後から計れて乗れるということだ。鬼脚の追い込みの追い出しが決めやすいと言ったほうが分かりやすいだろう。完全に狙い撃ち可能なここは注視する。坂井には気の毒だがまぁ仕方ないだろう。以下、買い目の3頭。まずはそのグランアレグリア、メンバーではひとつ抜けたレベルの末脚の持ち主。ルメールに戻るし問題無しのレース。前述の理由から2番手とするが、まず間違いなく勝ち負けの類。あとはいつものようにサンデーRの勝負服が一頭の時は押さえるという自分の譲れない買い目。次にモズスーパーフレア、逃げて強しと毎度言っている馬。とにかく逃げることが確定しているだけで買う。そもそもGⅠ馬になったから人気もありそう、懸念は主戦の松若がそんなにGⅠをポンポン勝てるかという部分。ハイペースだろうが粘れる二枚腰はある、最後に差されなければラッキーという感じ。最後にライトオンキュー、あれこれ迷った4頭目。他候補馬と比較して最終的には血統的な面でチョイスとなった。改めて見れば父はゴドルフィンのシャマーダルですからね。仏ダービー馬の印象が強いが本当に強かったのは芝短距離。なのになぜ人気が埋もれるのか。答えは主戦の古川にあった。古川がもう少し上手く乗れれば相当に強い馬だろうに。期待値は丁半どちらかの馬券、それが吉と出るほうに賭ける。以上、4頭の馬連BOX買いで勝負。

凱旋門賞、焦点はエネイブルの3勝目があるかどうか。自分的にはさすがに無いとの結論。ではどうなるのか、本命は同じ6歳馬の牡馬ストラディバリウスとする。5歳はいないんだよね。やたら3歳馬多いし牝馬も強いし、しかしこの馬にペリエが乗ってきた。主戦のデットーリも本心はこちらに乗りたかったんじゃないかと思うぞ。正真正銘長距離砲、このコースとこのヤネなら勝てる計算が出来る。対抗にはサーペンタイン、3歳馬でチョイスするならこの馬。お馴染みオブライエン厩舎の4頭出しが強烈だが、その中でも英ダービー馬は格が違うと見ていい。前走のひと叩きは仕上がっていなかっただけか、本番はこことして狙ってきたと見るべき。次にソットサス、昨年は人気しながらの悔しい3着馬に終わった馬。夏の2走2敗は距離不足だと思う。2400mなら適性値と思うし、まぁとにかく去年のリベンジとするなら若い4歳馬で狙い目か。ついでの4頭目にジャパン、これはもう単純に応援馬券。日本馬ディアドラよりも騎手武豊のほうに情が移るね。画面上、目で追いかけるため馬券に絡める。以上、4頭の馬連BOX買いで勝負。

| | コメント (0)

神戸新聞杯 オールカマー

今週は2重賞。神戸新聞杯の本命はもちろんコントレイル、有無を言わさずダービー馬のチョイスあるのみ。ちょっと負けるところをイメージすら出来ない感じ。7分の仕上げで事足りそう。対抗にヴェルトライゼンデ、2つのクラシックでどちらも買い目に入れていた馬。相手筆頭として1点で締めたいところだが大外枠がなんとも恨めしい。この勝負服が一頭の時にはやはり買うべきと結論。3番手押さえ評価でエンデュミオン、条件戦ながら左回りを数多く叩いてきており、速い上がりが目に付く。展開が向いて外から飛んできそうな唯一の馬。買い目を絞って以上、本命軸の馬単2点流し。

産経賞オールカマーの本命はセンテリュオ、狙う牝馬はこちら。前走から斤量減で乗れるあたりはプラス評価。中山2200mで勝ち鞍もあるし、54kgなら直線上がり勝負で分があると見るね。休み明けでも走る馬としてここでは本命視。対抗にはクレッシェンドラヴ、なんといってもヤネ内田が好調すぎる。先週の重賞勝ちを見ると今季の勝負強さは認めざるを得ないな。本命馬と同様、負担重量減で臨むここは要注意だろう。3番手にステイフーリッシュ、押さえ的3番手評価。他馬と比較して突出する部分は特に目立たないものの、唯一前走より斤量-1.5kg減というのが引っかかった。あとは地味に中山で相性がいい感じ。少頭数なので以上、3頭の馬連BOX買いで勝負。

| | コメント (0)

阪神JS ローズS セントライト記念

先週は思いのほか上手くいった。重賞では久々に大きく獲れたことでこのまま調子付きたい。土曜の阪神ジャンプステークスから。本命はルペールノエル、重賞毎に強い強いと推しておきながらも前に行けず取りこぼしている。主戦の高田が他へ乗る為、今回は西谷の手綱となった。これはプラスと見ていい。スタートが決まれば楽に勝てる。対抗にはタガノエスプレッソ、こちらは平沢が乗れば見違えるような走りを見せる馬。道中の位置取りも自在性がありここでも問題無しか。3番手評価にフォイヤーヴェルク、前走重賞の勝ち方が良すぎた。1番人気で3連勝している部分は軽視できず。少頭数ならこれで充分だろう。以上、3頭の馬連BOX買いで勝負。

関西テレビ放送賞ローズステークス、中京2000mのレースになっていることは注意しべし。本命はフアナ、まぁ強いんだよね。前走を+28kgの馬体重で勝ち切った。これを成長分と見込んで夏のひと叩きをプラス評価しここで本命視。うまい具合にルメールが乗れる、馬券から外し難いわ。以下、買い目の3頭。まずはクラヴァシュドール、オークスでは期待を裏切ったが秋緒戦は買っておきたい。中内田厩舎でチョイスするのはこちら。距離短縮は絶対ここで活きる。次にアブレイズ、中山の重賞を人気薄で勝った時には藤井の重賞初勝利を信じての本命馬だった。前走ではさすがに距離のカベに阻まれ完全にフロックとなってしまったが、2000mなら完全に切れないと思う。侮ると怖い。最後にデゼル、同じくオークス組では前走大敗したくち。それでも買い目にするのは武豊が先週の重賞でも絡んだこと、友道厩舎の馬でも勝ち負けしていること、付け加えてこの馬の脚質が完全に追い込みに特化していること。総合して悪くないという結論。以上、4頭の馬連BOX買いで勝負。

朝日杯セントライト記念は変則開催で月曜重賞の為、枠順未定。一応の買い目を出す。本命はガロアクリーク、春の中山で強い競馬。ダービー組では最上位評価。対抗にはサトノフラッグ、同じく春の中山で強しと言ったところか。やはり重賞勝ちしている馬としては外せないかな。3番手評価にリスペクト、夏の上がり馬っぽいのはこの馬。2600mを使って勝ったあたりは秋を見据えてのことだろうし必ず意味がある。ルメールの手腕に賭けたい。以上、3頭の馬連BOX買いで勝負。

| | コメント (0)

紫苑S セントウルS 京成杯AH

この夏のローカル重賞は散々であった。無観客開催の影響もあろうが、自分の予想ファクターはことごとく外された。勝ち馬は買えてたな、ということは殆ど無く、ハナから切ってた馬が入ったということのほうが多かった。色々と修正部分はあるが調整していきながら秋競馬に臨む。今週は3重賞。土曜の紫苑ステークスから。本命はクロスセル、ここならと最初から決めていた馬。本来ならクラシックに出てほしかったところだが休み明けで狙い目と見るね。中山で2連勝はいい按排。この夏のローカルで重賞をポンポンと勝った鞍上内田がひと皮剥けた騎乗を見せるか。以下、買い目の3頭。まずはミスニューヨーク、冷静に見れば4戦連続馬券になっている馬である。他人気馬と同等とも言えるが主戦が加藤祥太というあたりで見落とされそうな気配。前走2勝クラスを勝ってるだけに油断できず、消去法で残ったので買う。次にパラスアテナ、相変らずピンク帽子を引くあたりは武豊らしいな。前走1番人気で伸びなかったのはローカルが合わなかったと見る。中央での上がり勝負なら再度期待。最後にマルターズディオサ、単純だが2歳GⅠで2着と春の重賞勝ちが輝く一頭。休み明けの仕上げ次第だが距離短縮で臨むここは再起を期待してみる。以上、4頭の馬連BOX買い。

産経賞セントウルステークスの本命はクリノガウディー、GⅠを1位降着後なかなか上手くいかない。近2走は横山典が手綱だったしある意味度外視していいかも。中京コースのここは再評価。懸念はヤネ森裕太朗ってところか。以下、買い目の3頭。まずはビアンフェ、逃げ馬を押さえる感じ。前走1番人気での重賞逃げ切りは悪くなかった。斤量-3kgで乗れる今回は外す気にはならない。次にシヴァージ、高松宮記念を5着している。ペース次第では中京コースでの鬼脚がハマる可能性は高い。今年50もの勝鞍を重ねている岩田望のテン乗りが見ものだ。最後にフェルトベルク、ハイペースで進んだ前走を上がり最速で勝利した部分を評価。まさかの一発を狙う。やっぱりペース次第なんだろうな。それにしても揃いもそろって地味な騎手ばかりのチョイスとなった。以上、4頭の馬連BOX買いで。

京成杯オータムハンデキャップの本命はスマイルカナ、案の定逃げ切り期待の買い目。大外枠だが逃げに特化しているならプラスにとらえていい。ハンデと牝馬というメリットを活かせば勝てるレース。以下、買い目の3頭。まずはトロワゼトワル、同じく逃げの脚質だがヤネが横山典ですからねぇ。大逃げするか転換しての後方からか、とにかく読めない点が怖い。まぁふつうに考えれば昨年このレースをレコード勝ちしたコンビ。押さえておくにこしたことはない。次にラセット、近2戦を最速の上がりで2着。これはもう流れが出来れば勝ち負けすると言い切れるだけの根拠と見ていいだろう。最後に外からスッ飛んでくるなら手綱が秋山というのが良く似合う。最後にストーミーシー、本当に気まぐれな馬そのものだが前走58kgを背負ってリステッド2着は切り捨てきれない内容。乱暴な言い方するなら中山マイルで面白い一頭。完全に押さえ目。以上、4頭の馬連BOX買いで勝負。

| | コメント (3)

札幌2歳S 小倉2歳S 新潟記念

台風に備える為、時間がない。中央競馬も開催があるかどうか。とにかく3重賞、買い目だけ。札幌2歳ステークスから。本命はウインルーア、相手3頭にウイングリュック、ソダシ、アオイゴールド。以上、4頭の馬連BOX買い。

小倉2歳ステークスの本命はモントライゼ、対抗にセレッソフレイム、3番手評価にメイケイエール。以上、3頭の馬連BOX買いで。

農林水産省賞典新潟記念の本命はウインガナドル、相手3頭にブラヴァス、サトノガーネット、サトノダムゼル。以上、4頭の馬連BOX買いで勝負。

| | コメント (0)

小倉SJ キーンランドC 新潟2歳S

夏バテ、ちょいと時間がない週末。買い目だけ。土曜の小倉サマージャンプの本命はマイネルレオーネ、対抗にセイウンフォーカス、3番手評価にはタガノグルナ。以上、3頭の馬連BOX買い。

キーンランドカップの本命はヤマカツマーメイド、相手3頭にアスタールビー、ライトオンキュー、ダイアトニック。以上、4頭の馬連BOX買いで。

新潟2歳ステークスの本命はショックアクション、対抗にブルーバード、3番手評価にフラーズダルム。以上、3頭の馬連BOX買いで勝負。

| | コメント (0)

北九州記念 札幌記念

暑い夏のローカル。本来なら小倉開催へ足を運ぶのだが昨今の無観客開催では仕方なしか、いやこの猛暑日で無理だろう。2重賞、テレビ西日本賞北九州記念から。本命はカリオストロ、過去2戦の重賞ではどちらも本命視したものの壮絶な空振り。前走リステッドでは案の定快勝という流れ。レコード出した馬は間違いなく強いという根拠からここでも再三の本命視。夏の牝馬、斤量51の軽ハンデは必ず後押しする。以下、買い目の3頭。まずはプリディカメント、前走OPで最速上がりの2着は目を見張った。追い込みの鬼脚頼みとなるがハンデ52kgは恵まれた。付け加えてヤネの浜中が侮れない。次にブライディアレディ、前走ハンデ戦で1着しているのに、ここでは更に-2kgで乗れる。ハンデ戦で強い馬はハンデ戦で買うべし。7歳だがここでも牝馬狙い。最後にモズスーパースレア、まぁGⅠ馬だしここでもスピードの絶対値が違う。5ヶ月休み明けを懸念して押さえ評価。以上、4頭の馬連BOX買い。

札幌記念、なかなかのメンツだが焦点はラッキーライラックの取捨だろう。買わないね。ここでポイントとしたのはこのクソ暑い夏にここ札幌で勝てるかどうか。新馬及び未勝利を除いて戦歴で8月に勝ち鞍がある馬を選択。そこで本命はポンテザール、連闘だが札幌2600mを勝てる馬は間違いなくここも走る。引き続きルメール騎乗というのも心強い。夏の牝馬、盤石と見ていいだろう。対抗にはカウディーリ、藤岡佑で相性が良いと思うが前走は人気馬として押し上げられ買わなかった。盲点となる今回は人気落とすこと必至、8月札幌で2000mの勝ち鞍もあり今回はきっちり買う。3番手評価にブラックホール、3歳牡馬の見極めがどうかだけ。クラシックを戦っている馬がここを走るのは見応えがあるが斤量54を活かせれば面白いはず。なんたって8月に札幌の重賞勝ちがあるではないか。石川が乗り続けているのも好材料。少頭数なので以上、3頭の馬連BOX買いで勝負。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧