アーリントンC 中山記念 阪急杯

変則開催ラッシュも過ぎ、今週は3重賞。まずはアーリントンカップから。本命はタガノブルグ、末脚は確かなものがある。初となるマイルへの適応力次第となるが、川田に手綱が戻り妙味ありか。対抗にはタガノグランパ、染め分け帽で分かりやすい。せめてヤネは菱田を配置してあげたかったと個人的には思うも、やはり勝ちに行くべく岩田への乗り替りは仕方ないところ。3番手評価はアドマイヤメテオ、実力馬が前でハイペースをつくれば控えて展開に賭ける手。正直リスポリ頼みか。以上、3頭の馬連BOX。高配当を望むべく8枠の2頭のは切った。

中山記念の本命はカレンミロティック、中距離ならまったく問題ないとの見解。以下、相手となる3頭。まずはアルキメデス、上がりの速さは一品。距離適性も確立しここは絶好となる重賞の狙い目。次にトウケイヘイロー、やっぱり押さえるべき馬券か。マークはきつくなるだろうが、どこまでスローな展開に持ち込めるかだけ。最後にユールシンギング、注目している4歳馬。ひと言で言えば運がないな。休み明けでも鉄砲が利きそうに見えるあたりで期待をしてみる。以上、4頭の馬連BOX買い。

阪急杯は関西の激戦レースと言われる中、わざわざやってきた関東馬2頭を推奨。まずは本命にサンカルロ、ずっと言ってきたが阪神1400mなら黙って買い。まだ引退しないんかと正直思いつつも、予想で切れないあたりがもどかしい。以下、買い目の3頭。まずはガルボ、この距離では実によく走る馬。石橋もお手馬が戻ってきてここは発奮する。次にウエストエンド、満を持して藤田を乗せてきた白井厩舎。これは藤田も期待に応えたいだろう。魂の騎乗が見れるか。最後にエピセアローム、代打騎乗となった松山がチャンスをものにしたいところ。ペースに惑わされず直線で進路さえ確保できれば伸びてくるだろう。以上、4頭の馬連BOX買いで勝負。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

京王杯2歳S 京都JS 東京中日S杯武蔵野S エリザベス女王杯

今週は4重賞、長文にならぬよう短評のみ。まずは京王杯2歳ステークスから。本命はゲンテン、前走重賞での好走を評価。この馬の先行力は魅力。対抗馬にネオヴァンクル、中段から抜け出すパターンなら期待大。3番手にレオアクティブ、速い上がりの脚も使えるし関東馬ならこの馬を買いたい。以上、3頭の馬連BOX。

京都ジャンプステークスの本命はテイエムハリアー、京都コースに異常なほど相性が良くここは間違いないレベルだろう。対抗はエルジャンクション、前走の京都OPでの好走を素直に評価。少頭数なのでここはこの2頭の馬連1点。

東京中日スポーツ杯武蔵野ステークスの本命はダノンカモン、交流GⅠでトランセンドに迫った走りは見逃せない。ここは堅い。対抗にはシルクフォーチュン、本命とまったく同じ理由だが前走着順序列で2番手評価。ヤネがルメールというのも心強い。3番手にはナムラタイタン、かつてのダートの鬼っぷりを期待してみる。以上、3頭の馬連BOXで。

面白いメンバーとなったエリザベス女王杯、予め切り捨てたのは復活2歳女王と、それと同じく3歳馬すべて。そこで本命視するのはダンシングレイン、謎の外国馬だが見たところ悪くない。案外走る馬だと確信。以下、買い目の3頭。まずはスノーフェアリー、昨年女王だが、油の乗った4歳馬。まさに走り頃であるし、この1年を見ても強者相手に全てのレースで好走してきている。それもかなりの負担重量を経験しており、今回は負担も軽くなるのでここは十分連覇を視野に入れたい。次にアパパネ、前走は負けすぎ感があるがこの距離でなら折り合えるし京都コースとの相性も悪くない。仕上がりも良く巻き返し濃厚。最後にレディアルバローザ、おそらく軽視されがちだろうが笹田厩舎の2頭出しもオークス馬よりこちらのほうが馬は良い。あとは鞍上の乗り方次第だが外枠発走からいかに内に入れるかがポイントだろう。仕掛けるタイミングでキレを見せれば一発ある。以上、4頭の馬連BOX買いで勝負。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

AJC 平安S

まったく時間がないので買い目だけ。AJCはメイショウレガーロエアシェイディ、キングストレイル、トウショウシロッコの4頭BOX買い。

平安ステークスはエスポワールシチーマコトスパルビエロ、マイネルアワグラス、ネイキッドの4頭BOX買い。

| | コメント (1) | トラックバック (0)